暑さへの対処と首

暑さへの対処と首
高い気温が続き、小まめな吸水とエ
アコンや扇風機を使った温度対策が
必要な状況です。
その中で、かえって身体を冷やしす
ぎて免疫力を落として身体を痛める
状況が増えているようです。
一つは冷たい飲み物のとりすぎです。
口当たりの良い冷たいものに頼るこ
とで、内臓の動きが止まり、栄養の吸
収力が落ちて体力が低下します。
これには熱いお茶や食事をとること
で感覚をリセットし、身体の自立性を
回復することができます。
冷たいアイスの後のお茶などはとても
美味しく感じます。
エアコンの温度も気持ち高めの方が
身体への影響は少なくすみます。
身体はいつもほんのりと汗をかいて
いる状態がベストです。
汗をかくことで腎臓や肝臓の負担が
減り、体力が維持されます。
汗をかかない状態を続けていると、汗
をかく習慣がなくなり、そのことが熱中
症の原因になります。
熱中症にかかる人の多くは汗をかけ
ず、温度の変化に対応できない状態
となっています。
また急な場合には身体ではなく脳を
冷やすのが大切です。
頭のてっぺんの頭蓋骨が薄くなって
いる場所を氷等で冷やします。
熱中症の症状が出た場合のみ使い
ます。
身体を冷やすのは百害あって一利な
しですが、特にいけないのが首を冷
やすことです。
首を冷やすと急に冷っとします。
首には血管や大切な神経が通って
いて、急に冷やすと感覚は冷えたと
の認識しますが、身体は冷えていな
いので自律神経が感覚とずれてうま
く働かなくなります。
首の左側は心臓から脳にいく血管が
あり、右側は脳から心臓に戻る血管
が通っています。
どちらの血管冷えて滞ると脳梗塞の
原因となります。
この時期首を冷やして固くなり、体調
を崩している人を多く見かけます。
体力の低下は熱中症やコロナへの
感染の可能性が高まります。
暑い時に、熱いタオルで首をふくと
後でかえって身体が涼しくなり気持ち
よく快適になります。
首は絶対に冷やしてはいけない場所
です。
お風呂も積極的に利用し、汗をかく状
態を維持することをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る